高級スポーツカーの世界

ベンツSLS AMGをはじめとした高級スポーツカーの魅力を紹介

高級スポーツカーの世界

ベンツのスポーツカー

ベンツというとセダンタイプの車を想像する人が多いでしょう。
しかし、実際にはセダン以外の車もたくさん作られています。スポーツカーはもちろん、商用バンやミニバン、トラックやタクシー用の車なども製造されています。

セダンはもちろんですが、メルセデス・ベンツではスポーツカーやレース用の車の製造・開発にも力を注いでいます。
メルセデス・ベンツの前身となったベンツ社時代からモータースポーツのレースに参加していました。
メルセデス・ベンツのスポーツカー部門の中でも重要な役割をになっているのがAMGです。
AMGとはメルセデスのチューニング部門であり、上級性能モデルやスポーツカーなどのパーツに使われているブランドのことです。
特徴としては大排気量のマッスルカー的なモデルが多いです。

AMGはもともとダイムラー社とは別の会社として設立しました。
レース用の自動車エンジンの会社として創業し、アフターマーケットにおいてメルセデス・ベンツの自動車のチューニングを手がけるようになります。やがて公式にメルセデスへのパーツ供給が始まり、1993年にはじめて共同開発でC36をリリースします。
1999年には晴れてメルセデス・ベンツの一部門となります。

AMGは独立企業時代からモータースポーツに携わっていましたのでノウハウは一級品です。
現在ではドイツツーリングカー選手権で活躍していたり、F1のセーフティカーやメディカルカーを担当しています。
ベンツSLSブラック(メルセデス・ベンツ日本株式会社)が好き!