高級スポーツカーの世界

ベンツSLS AMGをはじめとした高級スポーツカーの魅力を紹介 - SLS AMG

高級スポーツカーの世界

SLS AMG

2009年にフランクフルトのモーターショーで発表されたのがメルセデス・ベンツSLS AMGです。

発売されたのは翌年の3月で日本にも6月から正式に導入された、メルセデス・ベンツのAMG部門によるスーパーカーです。

AMGがスーパーカーと言われるのはその性能はもちろんですが、デザイン的にもスーパーカー的な要素が強いからです。
AMGはガルウィングドアを採用しています。
ガルウィングドアというのはドアが横にひらくのではなくルーフに向かって上にひらくタイプのドアのことを言います。ガルウィングというのはカモメという意味で、ドアを全開にすると翼を広げたカモメのように見えることからガルウィングドアと呼ばれています。

このガルウィングはメルセデス・ベンツのスポーツカーの中でも伝説的な名車と言われている300SLの特徴を踏まえたものです。つまりSLS AMGは名車300SLを現代に蘇らせようという試みのもと生まれたのだと言ってもいいでしょう。

SLS AMGはSLRマクラーレンの後継車として作られました。
SLRマクラーレンはイギリスのマクラーレン社との共同開発によって作られた車で、こちらも高性能スポーツカーとして有名です。
しかし、SLS AMGではSLRマクラーレンの特徴であったカーボンコンポジットボディを不採用としています。今回はオーストラリアのマグナ・シュタイアー社生産のアルミスペースフレームを採用としています。その御蔭か、重量は1620kgまで抑えることができ、かつ最高速度の記録はSLRマクラーレンと同等となっています。